FC2ブログ

ブログランキング

プロフィール

山崎

Author:山崎
サラリーマンが独自の見解で送るFX生活

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
アメリカ通貨 (8)
スワップ金利 (0)
ユーロ (0)
金利収入 (19)
通貨取引 (0)
不労所得 (2)
FXでかせぐ (17)
FX手法 (0)
FX無料手法 (0)

忍者

八百長恐慌! 「サブプライム=国際ネズミ講」を仕掛けたのは誰だ

八百長恐慌! 「サブプライム=国際ネズミ講」を仕掛けたのは誰だ
鬼塚 英昭
八百長恐慌! 「サブプライム=国際ネズミ講」を仕掛けたのは誰だ
定価: ¥ 1,785
販売価格: ¥ 1,785
人気ランキング: 8520位
おすすめ度:
発売日: 2008-11-08
発売元: 成甲書房
発送可能時期: 在庫あり。

タイトルの付け方が面白い
本書のサブタイトル「サブプライム=国際ネズミ講」を仕掛けたのは誰だ」が
あまりにつぼにはまり、手にとってページをめくりました。
どこまで裏づけが取れているか?
そんなことを意識しながら読み進めて、興味深く字面をおいました。
タイトルの付け方が面白く、工夫されています。


世の中そんなものなのかもしれない
ノンフィクションライターからの視点でこの金融恐慌を分析しているのでスパイ小説を読んでいるような面白みがあった。世の中ひょっとして裏はこんなもんなのかもしれないなと思う。
ただあくまでも著者の想像(?)であり、決定的な裏付けはない内容。集めた資料からこうだろうと言っている通り、結局、他者の情報を収集した中からの著者の考えでしかないのが残念だ。

苫米地博士の洗脳支配、そして苫米地社長との対談が契機となった書
洗脳支配でサブプライム問題の本質を描いた機能脳学者苫米地英人博士と鬼塚氏の対談が契機となり生まれた本。
サブプライム・ローンが、なぜ生まれ、世界中に広がったのかの検証と、 ローンのカラクリと首謀者の洞察を鬼塚氏が丹念に描いた。
資本主義を選択したかに見える社会の背後にうごめく存在を描き出し暴いて読者に知らしめてきた鬼塚英昭先生が世界構造と金融マフィアの動静を追いかけて、きちんと分析し、今回のサブプライムという八百長の首謀者を、イギリス貴族としている。
八百長恐慌はイギリス発でしょうが本当に首謀者はイギリス貴族かどうかは大いに疑問ではあります。
苫米地英人博士との対談DVDで鬼塚氏が検証するとの宣言され実行された。
この本は副島隆彦批判と読むこともでき、副島隆彦さんを信奉する者がどう受け止めるか大変興味深い。

スポンサーサイト



FX科学者の見解

ハイパーインフレサバイバル読本 警告編

ハイパーインフレサバイバル読本 警告編
立木 信

定価: ¥ 1,365
販売価格: ¥ 1,365
人気ランキング: 54212位
おすすめ度:
発売日: 2003-04
発売元: 第二海援隊
発送可能時期: 通常2~4週間以内に発送

う~ん。
とりあえず主張はわかりました。
しかし、この手の本は既に90年代末からあったし、既にさまざまな人が主張しているので新鮮さは感じない。
明らかに出版が遅すぎだと思う。
「地価最終暴落」も読んだが、この著者は副島隆彦を意識し過ぎている。言葉遣いや文体や言い回しがかなり似てる。ネットで検索しても著者の顔や学歴など情報がない。どんな人なのかとても気になる。

だまされないように。
この人の本は7~8冊程度読んだが、
結局「人の不安を煽って自分の主催する組織へ誘い込む」という手法。
現に本の中では具体的な解決策というのはほとんど載っておらず、
作者の主催する組織に加入すれば難を逃れられるという設定。
宗教と一緒である。
この人の講演会というのに行った事があるのだが、
猛烈な口調で「あなた達はこんな事も知らないのですか!?」
と言って人を不安に陥れて自分の本を売りつける。
明らかに金儲けのためにやっている事である。
始めてこの人の本を読んだ人は「そうだったのか!」と思うかも知れないが、
こういう資産運用プランは税理士を始めとする
資産や年金関係に詳しい士業の方のところでも聞けたりする。
別に浅井氏が言っている事が特殊な事項ではない。
それを自分だけが知っているような口調で語っているのは
どうかと思うのだが。

すべてではないが
そうなんだ・・・とは思える。
万が一の場合に備える方法は個人の意思や判断に任せるとして、
そこに至るまでの過程を知らない人は参考程度になるのではないでしょうか。

FX科学者の見解